ホーム » 医師と看護師の情報共有が大事

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

医師と看護師の情報共有が大事

より患者の立場に近い位置から医療を実現していくためには、一人一人の医療スタッフが努力をしているだけでは満足とは言えないでしょう。医療スタッフはそれぞれの立場から患者に接していくことになるため、医療スタッフの職種によって患者から得られる情報も与えられる指示も違います。それらが首尾一貫して全て患者のためになってはじめて医療が理想に近づいていくことになるでしょう。そのためには医療スタッフ間での連携が大切です。最も重要なのは患者との距離が近い看護師と、最も患者が信頼を置くことが多い医師の連携です。よりよい医療を提供するには、医師と看護師に加えて他の医療スタッフの関与も重要視されますが、何よりも欠いてはならないつながりが医師と看護師にあるということは現場で自覚することが大切です。医師は患者にとって先生であり、なかなか言い出せないことがあります。しかし、普段から身の回りのお世話をしていたり、話し相手になってくれたりしている看護師には内緒話でさえしてくれる患者もいるのが現実です。そのため、看護師が患者から得られる情報量は医師に比べても多く、些細なことに気づいて医師に伝達できるだけで大きく医療に変化をもたらせる可能性があります。その情報にしたがって治療の方向性をしっかりと定められるのは看護師ではなく医師であり、先生として患者に指示を伝えることができるでしょう。こういった形での情報のやり取りがうまくできることで医療の質が高められていくのです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ